忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
[138]  [137]  [125]  [124]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゾンビーノ★★★★★

ホラー×(ハートウォーミンング+ブラックコメディ)=ゾンビーノ

今じゃ、1家に1体ゾンビを所有するのがあたり前。
ティミーの家でも、やっとゾンビを飼うことに。
「ファイド」と名づけて、かわいがっていたそのゾンビが、
ある日、隣りのおばあちゃんを食べちゃった。どうしよう…。

ゾンビーノ カナダ発のゾンビ映画は「ショーン・オブ・ザ・デッド」に継ぐ斬新なゾンビ映画。新機軸を盛り込んだ展開に脱帽しっぱなし。
「ゾンビを飼う」という設定にもびっくりだけど、その舞台を1950年代に設定しているのにもびっくり。私はてっきり、現代、もしくは未来の話だと思っていたので。50年代のドラマっぽいちょっとクセのある演技(ティミーの母親役のキャリー=アン・モスがウマイ!)といい、カラフルでポップな衣装といい、「これほんとにゾンビ映画???」と思わせるミスマッチ具合も最高です。
いろんなところに、「やられた~」って感じる映画だったけど、いちばん「やられた」のはラストです。まさかまさか、ゾンビ映画で胸を打たれるとは思っていなかったので。ブラック・ユーモアを効かせつつ「グッ」とくるシーンに仕上げたその手腕がスゴイ。こんなに新鮮で、温かい気分に包まれるゾンビ映画は他に無いでしょう。
愛と友情に満ち溢れたなゾンビ映画をぜひ!(ホラー苦手な人も大丈夫です!)

FIDO (2006 カナダ)
監督・脚本:アンドリューカーリー
出演:キャリー=アン・モス ディラン・ベイカー ビリー・コノリー クサン・レイ

ゾンビーノ
ゾンビーノ
皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)


にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]