忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
[192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17歳 ★★

ペネロペの衝撃!?シーンに口をあんぐり。

アパートを追い出された化粧品セールスレディのソル、17歳の家出少女パトリシア、
夫と喧嘩をして家を飛び出した主婦のヴァージニアという、
年齢も生き方も全く異なる3人の女性たちが偶然出会い、行動を共にすることに。
そんな3人が時にはぶつかりあいながら、新しい自分をみつけようとする物語。

17歳3人の珍道中はみていて楽しいものがありました。この3人以外にも際立ったキャラクターが続々登場し、彼らの行動をみるのもおもしろかったです。ただ、誰にも感情移入は出来ないけど(笑)
で、私は内容より何よりこの作品のペネロペに衝撃を受けました。前髪ぱっつん姿にもびっくりしたけれど、いちばん衝撃的だったのは、ワキの処理をしていなかったこと。ヨーロッパの人ってそういう習慣がないということを聞いたことがあるし、他のヨーロッパ映画でも女優さんがはやしたままなのをみかけたことはあるけれど、「まさかペネロペが」と思って。最初チラッと映った時には「今のは見間違いにちがいない。そんなことあるわけがない」と、自分に思い込ませようとしてたのに、そのあと「私のワキ臭う?」とパトリシア役のペネロペがヴァージニアにかがせようとするシーンがあって、そこでモロに映ってて「ガーン、見間違いじゃなかったんだぁ…」と、ペネロペ好きな私はちょっとショックを受けてしまいました。(そのシーン自体もちょっと…「そのシーン必要?」みたいな。)なんかみてはいけないものをみてしまった、いや、みなければよかった、と思いました。この頃から演技ウマイので、演技のインパクトも十分味わえるんだけど、それよりこっちのインパクトの方が強すぎでした。
ちなみに、原題は「魔女」という意味らしいです。ペネロペが17歳の役立ったから邦題は「17歳」になったんだろうけど、微妙にこの邦題違う気がします…。パッケージの写真もこの映画の彼女と全然違うし…。
劇場未公開作

BRUJAS (1996 スペイン)
監督・脚本:アルファロ・フェルナンデ・アルメロ
出演:ペネロペ・クルス アナ・アルバレス ベアトレス・カバジャル  アレックス・アングロ

17歳
17歳
皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)

にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]