忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「聖者は口を閉ざす」★★★

彼は誰を守ろうとしているのか?

何者かに襲われ瀕死の重傷をおった、ハイスクールで講師を務めているレイ。
彼の幼馴染みである警察官のネリーズが犯人探しにのりだすも
レイは犯人の情報を一切明かそうとしない。
一体レイを襲った犯人は誰なのか?なぜレイは口を閉ざしているのか?

「スティーヴン・キング絶賛の感動の大作」というような帯のコメントに引かれて読んでみました。が、これって好みの問題(歴史物、ミステリー、文学物が好きで現代物の小説は苦手)だと思うんですが、私は感動を味わうことができなかったなぁ…。
最終目的地の「レイが誰の為に、何の為に口を閉ざしているのか」というところまで、彼の過去の出来事と今の出来事を行きつ戻りつしながら物語が進んでいくわけですが、途中、途中に挿入されるレイの子供の頃の話が多いなぁと感じてしまいました。必要な箇所ではあるんだけど、後半「また子供の話だ」と思ってしまったので。あと、会話が多いかなぁ、と。
そんなことを思っていたら、読み終わった後、作者のリチャード・プライスが映画の脚本家であることも判明。「恋に落ちたら」「身代金」「シャフト」「クロッカーズ(原作も)」などの脚本を手がけてるそうです。で、この語り口に納得。
決して悪いわけではなく、あくまでも私の守備範囲にあわなかった、良作の小説です。現代物の小説(宮部みゆきの「模倣犯」や「理由」あたり)が好きで、読み応えのある本(2段組みなのでヴォリュームたっぷりです)を探している人にオススメです。
ちなみに、この小説映画化されるらしいです。

聖者は口を閉ざす
聖者は口を閉ざす
皆さんの点数

にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking

PR
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]