忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
[174]  [173]  [167]  [154]  [140]  [139]  [138]  [137]  [125]  [124]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋とスフレと娘とわたし ★★

ダイアン・キートンどこへゆく…。

女手ひとつで3人の娘を育てあげたパティシエのダフネ。
長女に続き次女も結婚した今、彼女の唯一の気がかりは三女のミリー。
なぜなら、ミリーにはボーイフレンドさえもいないから。
ミリーの幸せを願う彼女は、内緒で花婿募集の広告をネットに出すのだが…。

恋とスフレと娘とわたし パイパー・ペラーボ(「コヨーテ・アグリー」の彼女です)が出演していたので観てみたけれど、彼女あんまり出てきませんでした…残念。ちなみに、次女のメイ役です。
とにかく、母親のダフネ役のダイアン・キートンがめちゃくちゃウザいです。本人は、ミリーのためと思ってやってるんだろうけど、彼女のおせっかいすぎる行動は観ていてイライラしました。マンディ・ムーア演じるミリーはミリーで平気で二股かけるし。あまりにもサラッと描かれているからちょっとびっくり。
それにしても、この作品のダイアン・キートンは…。役柄にもひいてしまうけど、「そんなこともやってしまうのかぁ」というシーが結構あって。私は別に彼女のファンでもなんでもないけど、「この役ひきうけてよかったの?」とちょっと心配になりました。そしたら案の定、ラジー賞の最低主演女優賞にノミネートされてました…。
「恋とスフレと娘とわたし」っていうおしゃれなタイトルが一人歩きしているような気がするなぁ。パイパー・ペラーボもちょっとしか出てないし、宣伝されてるほどおしゃれでおいしそうなスイーツや料理もそんなに出てこない(出てはくるけど「食べたい!」と思わない)し、あんまり共感できるラブコメではないけれど、ジョニー役のガブリエル・マクトがすごいかっこよかったです。彼の出てくるシーンはみごたえがありました(笑)

BECAUSE I SAID SO (2007 アメリカ)
監督:マイケル・レーマン
出演:ダイアン・キートン マンディ・ムーア ガブリエル・マクト パイパー・ペラーボ
        トム・エヴェレット・スコット ローレン・グレアム

恋とスフレと娘とわたし
恋とスフレと娘とわたし
皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)

にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
TBどうもありがとうございました!

まさに、ダイアン・キートンの行く末が心配になってしまう作品でしたね・・・。単にドタバタとみんなが騒ぐだけという印象がどうしても残ってしまったのが物足りなかったなぁと思います。
ANDRE URL 2008/06/13(Fri)00:21:08 編集
コメント
ありがとうございます♪
ダイアン・キートンの役柄がもう少しおさえた感じだったら共感できる映画だったかもなぁと。
zero 2008/06/13(Fri)21:37:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
映画「恋とスフレと娘とわたし」
because I said so 2007年 アメリカ ダイアン・キートンとマンディ・ムーアが母娘を演じるラブコメ映画。さくっと楽しめるかなと思い見てみました。 ダフネは女手一つで3人の娘を育ててきたのだが、目下の悩みは3女ミリーの結婚。なかなか良い相手にめぐり合えないミリーを心配し、ダフネは勝手にネットの出会いサイトに「娘の相手募集」の広告を出し、自ら面接をして決めた男をミリーに近づけて恋をさせようとするのだが・・・。という物語。 いやー、ダイアン・キートンがとにかく、図々しくて、おせっかい
URL 2008/06/13(Fri) 00:15:26
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]