忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

めがね ★★★★

たまには、の~んびり"たそがれ"てみるのもいいんじゃない?

「携帯電話の通じないところに行きたい」
と、主人公のタエコが訪れたのは南の方にある海辺の町。
そこで出会ったのは、ちょっと風変わりで、とてもマイペースな人々。
彼らにも、何もない町にも全く馴染めないタエコ。
しかし、そこで過ごすうちに、だんだんと”たそがれる”ことをおぼえていく。

めがね 「かもめ食堂」の主要スタッフとキャストによるこの作品、「かもめ食堂」と同様、出てくる食べ物を食べたくなりました。画面からそのにおいまで漂ってきそうで、自分が好きじゃないもの(今回はあずきのかき氷)まで食べたくなってくるから不思議です。
「かめめ食堂」のときと比べると、ストーリーというストリーはなく、淡々と過ぎてゆく感じなんだけど、それがまたイイんだよな~。普通、ここまで何も起こらないと退屈したりするはずなのに、それが全くない。画面を観ながら、の~んびりとたゆたう感じを味わい、観終わった後は、ほんわかした気分に包まれました。この、映画全体に漂うゆ~ったりした独特の雰囲気はこの作品でしか味わえないでしょう。こんな映画は初めてです!
主人公タエコを演じる小林聡美さんをはじめ、出演している役者さんたちも皆役にはまりきっててイイ感じです。「かもめ~」の時もそうだったけど、今回も私は、もたいまさこさんにやられてしまいました。サクラ役のもたいさんが醸し出している独特の存在感はすごいです。しぐさだけの演技も最高で、思わずクスッと笑ってしまうシーンもちらほら。そんなもたいさんのベストシーンは、もちろん、メルシー体操!これはその動作をみてるだけでも笑えるけど、もたいさんがやってるからさらにおもしろい。メルシー体操やってみたいです(笑)
時間に追われて過ごしているときに観たい作品です。
タイトルはもちろん、主な登場人物全員が眼鏡をかけているから「めがね」です♪

めがね (2007 日本)
監督・脚本: 荻上直子
出演:小林聡美 もたいまさこ 市川実日子 加瀬亮 光石研 薬師丸ひろ子

めがね
めがね

皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)

にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking
PR
マリー・アントワネット ★★★★

ソフィア・コッポラがおくる未だかつてないスタイリッシュな歴史ドラマ。

18世紀末フランス革命で断頭台の露と消えたマリー・アントワネットの半生に焦点をあてた作品。オーストリアとフランスの和平のために取り決められた政略結婚で、フランスのルイ16世のもとに嫁ぐことになった14歳のマリー。未知なる異国の世界で孤独を感じる彼女が自分自身を見つけるまでをモダンかつスタイリッシュに描いた作品です。

マリー・アントワネット 予告を観た時点でソフィア・コッポラのセンスにやられてしまった私ですが、本編でノックアウトされました。彼女の感性はスゴイ!誰が、こういった歴史物にニュー・ウェーブ(NEW ORDERやTHE CUREなど)の曲を使おうと思うだろう。誰が、歴史上の人物をここまでモダンに描けるだろう。彼女以外にこんな斬新な歴史ドラマをつくれる人はいないでしょう。カンヌ映画祭だけでなく、歴史学者からもブーイングがおきたそうだけど、この映画はアリでしょう。ソフィア・コッポラ自身も「この作品はトラディショナルな歴史ドラマではない」とちゃんとゆっているわけだし。
音楽以外にも特筆すべき点が盛りだくさん。まずは、あのヴェルサイユ宮殿でロケをしてるところ。マリー・アントワネット生誕250周年記念としてフランス政府が全面協力し、観光客が入ることのできない場所での撮影も許可されたそうです。これだけでも観る価値アリ! そして、パステルカラーの豪華な衣装の数々。衣装の色のせいなのか、時おり画面からはちょっとファンタジックな雰囲気も漂ってきます。ソフィア・コッポラのお遊びで、クローゼットにはコンバースのハイカットが。そして、そして、ソフィア・コッポラの旦那さんでもあるPHOENIXのヴォーカルトーマスとバンドメンバーがカメオ出演。って、私はコンバースもトーマスもみつけきれなかったので、もう1回みなければ。マリー・アントワネット役のキルスティン・ダンスト、ルイ16世役のジェイソン・シュワルツマン(ソフィア・コッポラのいとこ)もなかなかよかったです。いちばん存在感あったのはデュ・バリー夫人役のアーシア・アルジェントだったけど(笑)
ちなみに、この作品はソフィア・コッポラによる「少女の自分探しの旅最終章」でもあります。(第1章「ヴァージン・スーサイズ」 第2章「ロスト・イン・トランスレーション」) 私はこの作品がいちばん好きだなぁ~。

MARIE ANTOINETTE (2005 アメリカ・フランス・日本)
監督・脚本・製作:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン アーシア・アルジェント 
        ジュディ・デイヴィス リップ・トーン マリアンヌ・フェイスフル スティーブ・クーガン

マリー・アントワネット
マリー・アントワネット

皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)

にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]