忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
[192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [174]  [173
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グエムル -漢江の怪物- ★★★★

ひと味も、ふた味も違う、韓国発のモンスター・パニックムービー。

ソウルを流れる河、漢江に突如現れた謎の怪物グエムル。
そのグエムルに娘ヒョンソをさらわれてしまったたカンドゥ。
ヒョンソ救出のため、カンドゥは家族と共にグエムルに立ち向かう。

グエムル -漢江の怪物-始まって早々びっくり。「え~、もう怪物出てきちゃったよ」 こういう系の映画って、普通はなるべく姿をみせないように、みせないようにするものなのに、開始早々全貌があかされてしまった。B級感が漂うその怪物の造形にもびっくり。冒頭に登場したにもかかわらず、最後までその怪物には楽しませてもらいました。その後も、今までのモンスター・パニック物の定石を覆すことばかり。怪物と闘うのが、ごく普通の家族っていう設定も真新しかったです。で、この家族のキャラクターがまた個性的なんですねぇ。ちょっと間の抜けたカンドゥを演じているソン・ガンホがいい味出してます、いや、出しすぎてます(笑)
そして、やけにアメリカバッシングするなぁ、と思っていたら、実際に在韓米軍による漢江への化学物質垂れ流し事件というのがあったらしいです。アメリカ批判に加えて、韓国社会に対する批判も描かれているんだけど、両者の描き方は観ていて怒りがこみあげてくるほど痛烈です。
物語の中に社会風刺や家族愛や笑いといった真新しい要素を盛り込みつつ、第一級のエンターテインメント作品に仕上げてるのは素晴らしいと思いました。ただ、残念だったのがラスト。何を伝えたいのかがよくわからず…。あと、その前のシーンでパク一家が無事だったのが不思議だぁ。
タイトルのグエムルとは韓国語で「怪物」という意味だそうです。

THE HOST (2006 韓国)
監督・原案・脚本:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ ペ・ドゥナ ピョン・ヒボン パク・ヘイル コ・アソン

グエムル -漢江の怪物-
グエムル-漢江の怪物-
皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)

にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]