忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
[154]  [140]  [139]  [138]  [137]  [125]  [124]  [119]  [118]  [117]  [116
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クライモリ ★★★

あのスティーヴン・キングも絶賛したホラームービー。

地元の人は消して近寄らない奥深い森。
そこは、入り込んだら最後、生きて帰ることができない森。
そんな森に迷い込んでしまった6人の若者たちの運命は?

クライモリ 最初から最後まで駆け抜けていくハイスピードな展開といい、ちょっとしたスプラッター描写といい、ホラー好きな私はものすごく楽しめました。夜、森に住む謎のやからが追いかけてくるシーンをはじめチェイスシーンはドキドキものです。ホラーを観るときって、第3者目線で観ることが多いのに、この作品では、なぜかジェシー役のイライザ・ダシュク(「チアーズ」の転校生役だった女の子)に感情移入して観てしまい、「早く逃げなきゃぁ~」と心の中で叫びつづけてました(笑) 「悪魔のいけにえ」や「13日の金曜日」を思い起こさせるホラーかなぁ、と。
続編の「クライモリ デッド・エンド」を観た後に観返してみたんですが、やっぱり「それとこれは別の映画だよなぁ」(グロさといい、展開といい)と思いました。その時初めて「トランスアメリカ」のケヴィン・ゼガーズが出演していることを知ってびっくり。
この作品、スティーヴン・キングがその年の年間ベスト1ムービーに挙げた作品らしいです。

WRONG TURN (2003 アメリカ)
監督:ロブ・シュミット
出演:イライザ・ダシュク デズモンド・ハリントン ジェレミー・シスト
エマニュエル・シューキー リンディ・ブース

クライモリ
クライモリ デラックス版
皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)

にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]