忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
[124]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [62]  [61]  [56]  [55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カタコンベ★1/2

オチがぁっ、オチがぁっ、オチがぁっ……。

パリに留学中の姉キャロリンを訪ねたヴィクトリア。
キャロリンに誘われ、カタコンベ(地下墓地)で行われるパーティーに参加するヴィクトリア。
しかし、仲間とはぐれ、彼女は1人暗闇のカタコンベに取り残されてしまう。
そこは、700万もの遺体が眠る巨大迷路。彼女は脱出することができるのか?

カタコンベ 「パリの地下には18世紀に造られた全長500mにも及ぶカタコンベ(地下墓地)が存在し、700万もの人骨が埋められている」という事実をもとにしてつくられたスリラー。
その設定はおもしろかったのになぁ…。冒頭、何者かが女の人に襲い掛かるシーンはドキドキしました。でも、その後は全く…。その何者かがパーティー参加者を襲っていくんだろうなと思っていたら、そいつはあんまり出てこず、ヴィクトリアが迷路を彷徨うシーンが延々と続き、「なんじゃこりゃぁっ!」というオチへ…。
そうそう、この作品にはP!NKことアリシア・ムーアが姉のキャロリン役で出演してます。でも、彼女あんまりうまくないかも。途中、「その演技はないやろ」とツッコミを入れたくなるシーンがあったんですが、これはこのシーンがオチにつながるからあえてそうやっているのか、本当に下手なのかよくわからず…。
とにかく、久しぶりに怒りがこみあげてくる映画に出会いましたねぇ(笑) ほんとは星1つだけど、その「何じゃこりゃ」なオチの後、ヴィクトリアを演じているシャニン・ソサモンがその怒りをちょっとだけ静めてくれたので半分おまけです。
ヴィクトリア、君のとった行動は間違ってない!!!
メインテーマソングをX-JAPANのYOSHIKIが手がけているそうです。(観終わった後で知ったので、どんな曲だったか全く覚えていません…)

CATACOMBS (2006 アメリカ)
監督・脚本:トム・コーカー デイヴィッド・エリオット
出演:シャニン・ソサモン アリシア・ムーア エミール・ホスティナ サンディ・ドラゴワ

カタコンベ
カタコンベ
皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)

にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]