忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
[185]  [174]  [173]  [167]  [154]  [140]  [139]  [138]  [137]  [125]  [124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

呪怨 パンデミック ★★★

伽椰子アメリカへゆくの巻

ハリウッド版「THE JUON / 呪怨」の第2弾は、
カレンに会うために東京にやってきた妹のオーブリー、
東京でインターナショナルスクールに通うアリソン、
シカゴに住むとある家族、という異なる3つのストーリーを
交錯させながら伽椰子の怨念による恐怖を描いています。

呪怨 パンデミック毎回白塗りの俊雄君と伽椰子に笑ってしまう「呪怨」シリーズ、やはり今回も笑えるシーンが。俊雄君が登場するシーンと、トリッシュ役のジェニファー・ビールスがフライパンでなぐるシーンがツボでした(笑)でも、この「呪怨 パンデミック」では、伽椰子登場のシーンで初めて笑うことなく恐怖を味わいました。「次くるぞ、くるぞ」っていう瞬間にドーンと登場し、くるのがわかっていても「ドキッ」としてしまいました。伽椰子以外にも、窓に目がたくさんあるシーンも「ゾクッ」としました。シリーズ中いちばん恐怖感を味わった作品でしたね。
伽椰子の過去も描かれていて、興味深いストーリーだったけど、話があっちいき、こっちいきするので、「えっ、今は誰の話?」とこんがらがるところがありました。山奥に住んでる伽椰子のお母さんが英語ペラペラだったのも不思議。
私はこれをエディソン・チャンの流失画像事件のあとにみてしまい、彼が出てくるシーンはいまいちストーリーに入り込めなかったのが残念…。
引き続きサム・ライミがプロデューサーを務めてます。

THE GRUDGE 2 (2006 アメリカ)
監督:清水崇
出演:アンバー・タンブリン アリエル・ケベル サラ・ミシェル・ゲラー サラ・ローマー 
         テレサ・パルマー 宇野美彩子

呪怨 パンデミック
呪怨 パンデミック
皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)


にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『呪怨 パンデミック』
蜻ェ諤ィ 繝代Φ繝?Α繝?け 貂?ーエ蟠?屮逹」閾ェ繧峨↓繧医k繝上Μ繧ヲ繝?ラ?・繝ェ繝。繧、繧ッ隨ャ2蠑セ 蜴滄。鯉ス「The Grudge 2?」 Grudge 縺ッ?「諤ィ蠢オ?」縺ョ諢擾ス。 驍ヲ鬘後??「繝代Φ繝?Α繝?け?」縺ッ?「辷?...
URL 2008/12/23(Tue) 15:48:08
「呪怨 パンデミック」
新年早々の1回目は、去年見た映画の続き。去年の映画の感想が、しばらく続きます。 しかも、これかい! という映画です?
URL 2009/01/04(Sun) 22:59:28
『呪怨 パンデミック』'06・米
あらすじ東京でインターナショナル・スクールに通うアリソン(アリエル・ケベル)は、友人らとともに幽霊屋敷を訪れる。ヴァネッサ(テレサ・パルマー)とミユキ(宇野実彩子)はアリソンを怖がらせようと彼女を二階の押し入れに閉じ込める。悪ふざけのつもりが、突然、本...
URL 2009/03/23(Mon) 07:22:16
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]