忍者ブログ
映画と読書映画と読書
映画の感想(5段階評価つき・たまにトリビアも) 個人的に気になった映画のニュース、あと読んだ本の感想を
[114]  [62]  [61]  [56]  [55]  [54]  [53]  [43]  [29]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マリー・アントワネット ★★★★

ソフィア・コッポラがおくる未だかつてないスタイリッシュな歴史ドラマ。

18世紀末フランス革命で断頭台の露と消えたマリー・アントワネットの半生に焦点をあてた作品。オーストリアとフランスの和平のために取り決められた政略結婚で、フランスのルイ16世のもとに嫁ぐことになった14歳のマリー。未知なる異国の世界で孤独を感じる彼女が自分自身を見つけるまでをモダンかつスタイリッシュに描いた作品です。

マリー・アントワネット 予告を観た時点でソフィア・コッポラのセンスにやられてしまった私ですが、本編でノックアウトされました。彼女の感性はスゴイ!誰が、こういった歴史物にニュー・ウェーブ(NEW ORDERやTHE CUREなど)の曲を使おうと思うだろう。誰が、歴史上の人物をここまでモダンに描けるだろう。彼女以外にこんな斬新な歴史ドラマをつくれる人はいないでしょう。カンヌ映画祭だけでなく、歴史学者からもブーイングがおきたそうだけど、この映画はアリでしょう。ソフィア・コッポラ自身も「この作品はトラディショナルな歴史ドラマではない」とちゃんとゆっているわけだし。
音楽以外にも特筆すべき点が盛りだくさん。まずは、あのヴェルサイユ宮殿でロケをしてるところ。マリー・アントワネット生誕250周年記念としてフランス政府が全面協力し、観光客が入ることのできない場所での撮影も許可されたそうです。これだけでも観る価値アリ! そして、パステルカラーの豪華な衣装の数々。衣装の色のせいなのか、時おり画面からはちょっとファンタジックな雰囲気も漂ってきます。ソフィア・コッポラのお遊びで、クローゼットにはコンバースのハイカットが。そして、そして、ソフィア・コッポラの旦那さんでもあるPHOENIXのヴォーカルトーマスとバンドメンバーがカメオ出演。って、私はコンバースもトーマスもみつけきれなかったので、もう1回みなければ。マリー・アントワネット役のキルスティン・ダンスト、ルイ16世役のジェイソン・シュワルツマン(ソフィア・コッポラのいとこ)もなかなかよかったです。いちばん存在感あったのはデュ・バリー夫人役のアーシア・アルジェントだったけど(笑)
ちなみに、この作品はソフィア・コッポラによる「少女の自分探しの旅最終章」でもあります。(第1章「ヴァージン・スーサイズ」 第2章「ロスト・イン・トランスレーション」) 私はこの作品がいちばん好きだなぁ~。

MARIE ANTOINETTE (2005 アメリカ・フランス・日本)
監督・脚本・製作:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン アーシア・アルジェント 
        ジュディ・デイヴィス リップ・トーン マリアンヌ・フェイスフル スティーブ・クーガン

マリー・アントワネット
マリー・アントワネット

皆さんの点数(この作品を観た人はクリックお願いします♪)

にほんブログ村 映画ブログへ
blogranking
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラコメどうもでしたぁ
そういえば、スイーツが美味しそうでしたーーー。
歴史ドラマじゃ、全然ないマリー・アントワネットが斬新でしたね。
ひらりん URL 2008/04/19(Sat)02:26:22 編集
無題
こんばんは。
私もコンバースは覚えていないだけなのか、見た記憶がありません!細部まですごい凝っているからまた観返してみても面白そうですよね。
リカ URL 2008/04/20(Sun)22:27:01 編集
無題
>ひらりんさん
ほんとスイーツ美味しそうでしたよね~!!!

>りかさん
もう1度観て、コンバースとPHOENIXをみつけたいと思います♪
zero 2008/05/02(Fri)19:31:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★「マリー・アントワネット」
衝撃っ ひらりん、ダンスト派に転向か??? 今週も、見たい作品が目白押しなのに・・・ついついこの映画をチョイスしちゃうとは・・・。
URL 2008/04/19(Sat) 02:22:16
ピンクピンクピンク〜「マリー・アントワネット」
私、ソフィア・コッポラとはほとほと気が合うと信じ込んでおりますので、好きにならないはずがない。これが21世紀に生きる「マリー・アントワネット」。 ハプスブルク家、女帝マリア・テレジアの末娘にして、ブルボン王朝最後のフランス王妃となるマリー・アントワネット(....
URL 2008/04/20(Sun) 22:30:38
マリー・アントワネット
キルスティン・ダンストは苦手ですでもマリー・アントワネットは、とても興味のある女性・・・え〜い、ガタガタ言ってないで観に行こうっと―【story】わずか14歳で単身オーストリアからフランス王家へ嫁ぎ、18歳で即位したマリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)。最高の栄誉と贅を手にした彼女は、優雅に見える暮らしの中で、王妃として妻として母として、ひとりの女性として、何を感じ、何を思ったのか―     監督・脚本 : ソフィア・コッポラ  ―最も愛され最も憎まれた、世界一有名な王妃マリー・アントワネット...
URL 2008/05/06(Tue) 00:07:22
『マリー・アントワネット』だって女の子だもん
歴史上の人物というのは知っているようで知らないことが多い。誰が何年に何をしたという客観的な事実から、勝手に人間性を想像していたりする。英雄も独裁者もみんな人間、たぶん普通のことを普通に悩んでいたりするんじゃないかと思う。 稀代の浪費癖によってフランス・ブルボン王朝を傾けたとされるフランス王妃マリー・アントワネットだが、彼女だって今の時代と変わらない女の子だったはず。14歳で政略結婚し、18歳でフランス王妃になった彼女の青春って? 『マリー・アントワネット』は、ポップにキュートな彼女の青春時代を描いて...
URL 2009/08/23(Sun) 11:06:27
カウンター

カレンダー
フリーエリア
旅するジーンズと19歳の旅立ち


ブログ内検索
最新コメント
[06/26 hikaku]
[04/28 Brita]
[07/12 ひらりん]
[07/04 zero]
[06/26 ひらりん]
[06/13 zero]
[06/13 ANDRE]
[06/12 zero]
[05/31 masako]
[05/08 zero]
フリーエリア
プロフィール
HN:
zero
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・読書・写真
自己紹介:
好きな映画:
バンディッツ(ドイツ映画)
ぼくの国、パパの国
リトル・ミス・サンシャイン
アップタウン・ガールズ
ルナ・パパ
メルシィ 人生
マルホランド・ドライブ
ポネット
フリーエリア

My Yahoo!に追加
フィードメーター - 映画と読書
フリーエリア


Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 映画と読書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]